1360232
Museum-net
実際に博物館や美術館、特別展を御覧になった感想や質問、特別展の紹介など自薦他薦は問いません。お気軽に書き込み下さい。
管理者の判断で記事の削除を行う場合があります。
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
メッセージ中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

腕時計ショップ 投稿者: 投稿日:2021/11/13(Sat) 21:36 No.1692   HomePage
信用第一/正規取扱店≡≡≡
★★★★★大注目★★★★★≡≡≡
当店の承諾に→誠実 信用 送料無料(日本全国)
日本的な人気と信頼を得ています。
2019-2019年最新作ルイヴィトン新品、新素材入荷! !
人気唯一ブランド専門店
主要取扱商品:バッグ、財布、腕時計、ベルト、マフラー 。
ルイヴィトン、グッチ、シャネル、ブルガリ、エルメス、プラダ等海外高級ブランドがここに集結。
非常に親切で丁寧な対応で、良い品物がそろっています。
ご注文の方は、【卸売、小売など歓迎】ご連絡下さい。


D G スーパーコピー 投稿者: 投稿日:2021/11/08(Mon) 10:37 No.1691  
自由に魅力を開花させ、https://www.aaakopi.com/ AAAKOPI煌びやかな日常に変えるブランドとしてさまざまなビューティ提案を行っているイタリアのメイクアップブランド<ドルチェ&ガッバーナ ビューティ>は、マスク生活が2年目となるこの秋冬、メイクをより楽しんでいただきたいという願いを込め「アイ&リップスマイル withマスク」をテーマに、ドルチェ&ガッバーナ ビューティが目指す『THE CONFIDENT, FULLEST』な方々によるデジタルロードショーを第1週〜5週にかけて配信している。

いよいよファイルとなる10月31日(日)は、https://www.aaakopi.com/brand-15-c0.html ドルチェ コピー パーカーホリデーコレクション発売前日の特別企画として、美容家の瀬戸麻実さんによるインスタライブを開催。瀬戸麻実さんのアカウントとHANKYU BEAUTYのアカウントからの配信で、発売目前のホリデーコレクションを盛り上げていく。


11月6日(土)12:00、サウンド&アート〜... 投稿者: 投稿日:2021/11/07(Sun) 16:44 No.1690   HomePage
11月6日(土)12:00、サウンド&アート〜見る音楽、聴く形〜が
アーツ千代田3331 1Fメインギャラリーにてオープンしました。

「音」や視覚的な要素を音楽の中に取り込んだ新しい「楽器」や。音を奏でる彫刻やオブジェ、インスタレーションなど、ユニークは作品約40点が一同に会します。
▼公式ウェブサイト
サウンド&アート展-見る音楽、聴く形https://muse-creative-kyo.com/caec/soundandart/

自動演奏のほか、来場者が実際に触れていただける楽器もございます。
多彩な体験型プログラムをご用意してお待ちしています。

 コラボレーション・パフォーマンス <残席僅少、オンライン配信あり>
11月16日(火)11:00~11:50「谷川俊太郎(オンライン出演)×内橋和久×バシェ」
---パウル・クレーの絵をもとに市を作成した谷川俊太郎による市の朗読と内橋和久によるバシェなどの楽器の即興演奏---

 創造的な音楽づくり&楽器づくりワークショップ <残席僅少、子ども参加枠あり>
11月13日(土)10:10〜11:55
---バシェ兄弟の弟ベルナールが子ども用に考案した小型の音響彫刻「パレット・ソノール」を実際に演奏して、音の世界を一緒につくる---

 「音=振動のかたち」クラドニ図形をつくるワークショップ
11月18日(木)10:00〜11:55
---音=振動と捉え、正方形や円形の鉄板を振動させて、振動が描く不思議な図形「クラドニ図形」をつくる---

◆展覧会楽器も使った小学生対象の音楽ワークショップ
11月21日(日)10:10〜11:55
---展示作品の一部も使いながら、いろいろな音を発見し、そこから、どんな音の組み合わせができるかをみんなで音楽づくりを楽しむ-





触覚とアート「さわって体験するワークショ... 投稿者: 投稿日:2021/08/11(Wed) 15:27 No.1681   HomePage
視覚に障害のあるアーティストで常に新しい世界を感じさせる作品を創作し続ける光島氏と、美術を知り尽くし、アール・ブリュットにも造詣の深い保坂氏。光島さんの体験に基づくワークショップののち、現代美術における視覚障害者のある人とない人の作品やつくることを媒介としたコミュニケーションの在り方についてお二人のクリエイティブなトークを展開します。

日時:9月11日(土)開催予定
会場:都内 オンライン配信あり※詳細はお申し込みの方に後日お知らせします
参加費:オフライン会場/晴眼者、視覚に障害のある人\1,000
    オンライン配信/晴眼者\1,000、視覚に障害のある人は無料


講師:光島貴之(美術家・鍼灸師)
10歳の頃に失明。大谷大学文学部哲学科卒業後、鍼灸を生業としながら、1992年から粘土による造形活動、続いてラインテープとカッティングシートを用いた「さわる絵画」の制作を始める。2012年より布や金属などの素材を取り入れた「触覚コラージュ」という新たな表現法を探求。2020年、「アトリエみつしま」を開業し、新しいアプローチの実践拠点となることを目指し活動の幅を広げている。
講師:保坂健二朗(滋賀県立美術館ディレクター(館長))
慶應義塾大学大学院修士課程(美学美術史学)修了。東京国立近代美術館主任研究員を経て2021年より現職。フランシス・ベーコンを中心とした20世紀以降の絵画における人物表現、アール・ブリュットの歴史などを研究テーマとする。担当した主な展覧会に、「フランシス・ベーコン」(2013)、主な著書に「アール・ブリュット アート 日本」(監修、平凡社、2013)など。


お申し込み方法
E-mailかファックスで下記1〜8についてご記入の上、お申込みください。送信後3日以上返信の無い場合、メール(ファックス)が届いていない可能性がありますので、お電話ください。定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。
1.お名前(ふりがな付き) 2ご住所 3.電話番号 4.E-mail Address(ある方のみ) 5.年齢 6.職業(具体的に) 7.障害の有無(障害のある方は、主催者が気を付けておくべきこと、伝えたいこと等をご記入ください)、8.参加されるワークショップ名(ディスカッション名)とその日程も必ずお書きくださいますようお願い致します。
<申込先> クリエイティブ・アート実行委員会
E-mail:MuseKK@aol.com  FAX.03-6426-5183
〒107-0052 東京都港区赤坂6-2-5方栄ビル201 
<お問合せ> TEL 03-6426-5182


スポーツミュージアムネットワークのオンラ... 投稿者: 投稿日:2021/02/09(Tue) 22:36 No.1661   HomePage
令和2年度文化芸術振興費補助金地域と共働した博物館創造活動支援事業
スポーツミュージアムの連携によるスポーツレガシーの継承・啓発プロジェクト

 日本国内には数多くのスポーツミュージアムがありますが、各館で所蔵するスポーツ関連資料について、収集・保存・公開に関する方法が確立されておらず、ミュージアム同士の連携も十分ではない、という現状があります。こうしたことから、貴重なスポーツ関連資料が一般に知られることなく、十分に活用されないまま、常に散逸の危機にさらされていると言っても過言ではありません。
 そこで令和2年度に秩父宮記念スポーツ博物館を中核館として、文化庁事業「スポーツミュージアムの連携によるスポーツレガシーの継承・啓発プロジェクト」を進めてまいりました。その成果として、スポーツ関連資料、つまり「スポーツ文化遺産」に関する全国的・横断的なネットワークを形成するための拠点となる「スポーツ博物館連絡協議会(仮称)」を今後立ち上げていきたいと思います。そのキックオフとして今回、国内の主要なスポーツミュージアム関係者が一堂に会するシンポジウムを開催し、「スポーツ文化遺産」を適切な形で後世に継承・活用するとともに、スポーツミュージアムを持続的に機能させるための方策について議論したいと思います。

■日時
2021年2月20日(土)13時00分〜15時30分(オンライン開催)

■参加申し込み
・参加費は無料です。
・先着100名または2021年2月20日12:00に募集を締め切らせていただきます。
・<参加申込みフォーム>からお申込みください。
・視聴・参加にはZOOMによるミーティング環境が必要です。
・1件のお申込みに対して1つの入場アカウントのお申込みとなります。
・当日のアクセス方法は後日メールでお知らせいたします。

■プログラム
進行:青木 祐一(秩父宮記念スポーツ博物館)
13:00 開会あいさつ 松坂 浩史(独立行政法人日本スポーツ振興センター・理事)
13:05 全体趣旨説明 木村 一貫(秩父宮記念スポーツ博物館)
13:10 メッセージ 室伏 広治 氏(スポーツ庁・長官)
13:15 基調講演 栗原 祐司 氏(京都国立博物館・副館長)
14:10 休憩
14:20 パネルディスカッション
    來田 享子(中京大学スポーツ科学部)
    伊東佳那子(中京大学スポーツミュージアム)
    山谷 和正(札幌オリンピックミュージアム)
    田口 和男(長野オリンピックミュージアム )
    下湯 直樹(日本オリンピックミュージアム)
    モデレーター:新名佐知子(秩父宮記念スポーツ博物館)
15:00 スポーツ資料の紹介と質疑応答(綾瀬収蔵庫よりライブ配信)
15:28 閉会あいさつ 河村 弘之(秩父宮記念スポーツ博物館・館長)

主 催:スポーツミュージアムの連携によるスポーツレガシーの継承・啓発プロジェクト実行委員会​
事務局:〒120-0005 東京都足立区綾瀬6-11-17 秩父宮記念スポーツ博物館内​

Tel : 03-5849-5400
Fax : 03-3629-1660



【ライブ中継版】12/2 (水) 触覚を探求する... 投稿者:クリエイティブ・アート実行委員会 投稿日:2020/11/06(Fri) 14:48 No.1656   HomePage
【ライブ中継版】多様性を育むダンス&美術プロジェクト−−障害のあるアーティストの発掘&育成、ファシリテーター育成、及び発表の場づくり

■触覚とアートワークショップ(視覚障害者と晴眼者対象)
 

「多様性を育む美術プロジェクト」は、10月から触覚とアートワークショップ・シリーズを開始しています。このシリーズは触覚の探求や、また、触覚を生かして、どんな作品がつくれるかにトライするワークショップです。主に視覚障害のある人達と晴眼者が触覚だからこそ生まれる現代美術作品を作ります。また、触覚を様々な切り口で探求し、触覚に関するトークも開催します。この機会にどうぞご参加ください。

【ライブ中継版】12/2 (水) 触覚を探求するワークショップ&トーク

同日にアーツ千代田3331にて行われる、触覚とアートWSのライブ中継のご案内です。渡邊淳司さんのワークショップでは、さまざまな触感の素材に触れながら、触感を分類したり、触感の異なる素材で、あるテーマを表現する作品を創ったりします。伊藤亜紗さんのワークショップでは自分の好きな触感を別の方法で再現したり、「ふれる」と「さわる」をテーマに触覚面の人間関係について考えたりします。ワークショップの後にはオンライン・トークを行います。

◆講師:渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所 人間情報研究部 上席特別研究員) 
人間の触知覚メカニズム,感覚を表現する言葉の研究を行ない、人間の感覚と環境との関係性を理論と応用の両面から研究している。主著に『情報を生み出す触覚の知性』(毎日出版文化賞〈自然科学部門〉受賞)がある。
伊藤亜紗(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授) 
専門は美学、現代アート。2010年に東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究美学芸術学専門分野に学び、博士号を取得(文学)。2013年に東京工業大学リベラルアーツセンター准教授に着任。2016年より現職。著書に『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社、2015年)。2020年には新刊である『手の倫理』(講談社、2020年)が10月9日に発売。

◆日時12/12(土):ワークショップ13:30-15:20(含休憩10分)/トーク 15:30-16:30 

◆参加費 
ワークショップ中継&トーク(ライブ配信のみ)
晴眼者:1000円
視覚障害者:無料
*ライブ配信については参照先のpeatixのURLにて情報公開・チケット販売を行っています。
◆定員:なし

☆「多様性を育むダンス&美術プロジェクト」ではこの他に、定期ワークショップの単発受講者を募集しております。詳細はクリエイティブ・アート実行委員会ホームページまたはFacebookをご覧ください。

【お問い合わせ】
クリエイティブ・アート実行委員会 伊地知・廣川
E-mail:MuseKK@aol.com  
TEL 03-6426-5182/FAX.03-6426-5183
〒107-0052 東京都港区赤坂6-2-5方栄ビル201 


12/2 (水) 触覚を探求するワークショップ&... 投稿者: 投稿日:2020/10/26(Mon) 19:06 No.1654   HomePage
多様性を育むダンス&美術プロジェクト−−障害のあるアーティストの発掘&育成、ファシリテーター育成、及び発表の場づくり

■触覚とアートワークショップ(視覚障害者と晴眼者対象)
 

「多様性を育む美術プロジェクト」は、10月から触覚とアートワークショップ・シリーズを開始しています。このシリーズは触覚の探求や、また、触覚を生かして、どんな作品がつくれるかにトライするワークショップです。主に視覚障害のある人達と晴眼者が触覚だからこそ生まれる現代美術作品を作ります。また、触覚を様々な切り口で探求し、触覚に関するトークも開催します。この機会にどうぞご参加ください。
12/2 (水) 触覚を探求するワークショップ&トーク
本年度の触覚とアートワークショップ・シリーズの第2回目を開催いたします。渡邊淳司さんのワークショップでは、さまざまな触感の素材に触れながら、触感を分類したり、触感の異なる素材で、あるテーマを表現する作品を創ったりします。伊藤亜紗さんのワークショップでは自分の好きな触感を別の方法で再現したり、「ふれる」と「さわる」をテーマに触覚面の人間関係について考えたりします。ワークショップの後にはオンライン・トークを行います。
◆講師:渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所 人間情報研究部 上席特別研究員) 
人間の触知覚メカニズム,感覚を表現する言葉の研究を行ない、人間の感覚と環境との関係性を理論と応用の両面から研究している。主著に『情報を生み出す触覚の知性』(毎日出版文化賞〈自然科学部門〉受賞)がある。
伊藤亜紗(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授) 
専門は美学、現代アート。2010年に東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究美学芸術学専門分野に学び、博士号を取得(文学)。2013年に東京工業大学リベラルアーツセンター准教授に着任。2016年より現職。著書に『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社、2015年)。2020年には新刊である『手の倫理』(講談社、2020年)が10月9日に発売。

◆日時12/12(土):ワークショップ13:30-15:20(含休憩10分)/トーク 15:30-16:30 
☆ライブ配信あり
◆参加費 ワークショップ&トーク 晴眼者、視覚障害者:1500円
ワークショップ中継&トーク(ライブ配信のみ)晴眼者:1000円
視覚障害者:無料
*ライブ配信については後日URLをホームページ、フェイスブック等に掲載します。
◆定員(ワークショップ):晴眼者、視覚障害者10人
◆会場:アーツ千代田3331

◆交通 アクセス:
アーツ千代田3331住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11−14
東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分または、東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分、またはJR御徒町駅南口より徒歩7分


◆お申し込み方法
下記1〜8についてEメールかお電話、またはファックスでお申込みください。メールの場合、3日以上返信が無い場合、メールが届いていない可能性がありますので、電話でお問い合わせください。
1.お名前(ふりがな付き) 2ご住所 3.電話番号 4.E-mail Address(ある方のみ) 5.年齢 6.職業(具体的に) 7.障害の有無(障害のある方は、主催者が気を付けておくべきこと、伝えたいこと等をご記入ください)、8.参加されるワークショップ名(ディスカッション名)とその日程も必ずお書きくださいますようお願い致します。
<申込先> クリエイティブ・アート実行委員会
E-mail:MuseKK@aol.com  FAX.03-6426-5183

☆「多様性を育むダンス&美術プロジェクト」ではこの他に、定期ワークショップの単発受講者を募集しております。詳細はクリエイティブ・アート実行委員会ホームページまたはFacebookをご覧ください。

【お問い合わせ】
クリエイティブ・アート実行委員会 伊地知・廣川
E-mail:MuseKK@aol.com  
TEL 03-6426-5182/FAX.03-6426-5183
〒107-0052 東京都港区赤坂6-2-5方栄ビル201 




触覚とアートワークショップ・シリーズ 〜... 投稿者: 投稿日:2020/09/24(Thu) 12:05 No.1652  
多様性を育むダンス&美術プロジェクト−−障害のあるアーティストの発掘&育成、ファシリテーター育成、及び発表の場づくり
**********************************
触覚とアートワークショップ・シリーズ
〜触覚による作品制作をしよう!〜
今年の「多様性を育む美術プロジェクト」は、10月から新たに触覚とアートワークショップ・シリーズを開始します。視覚障害のある人達と晴眼者が、触覚だからこそ生まれる現代美術作品を作ります。また、触覚を様々な観点から探求し、触覚に関するトークも開催します。この機会にどうぞご参加ください。

■触覚とアートワークショップ(視覚障害者と晴眼者対象)
@触覚から生まれる美術に挑戦するワークショップ: 
現代美術は、様々な考え方と手法で作品が創られます。ここでは、参加者同士が話し合い、触覚で表現し、鑑賞者が触って楽しめる新しい美術作品制作に挑戦します。
◆講師:西村陽平 
◆日時:10/24(土)-25(日)13:30〜16:00
◆参加費(材料費込):晴眼者(全2回)…9,000円、1回参加…5,,000円
     視覚障害のある人(全2回)4,000円 、1回参加…2,500円
◆定員:晴眼者、視覚障害者10人
◆会場:ココキタ
A触覚を探求するワークショップ&トーク
渡邊淳司さんのワークショップでは、参加者がさまざまな触感の素材に触れながら、触感を分類したり、触感の異なる素材で、あるテーマを表現する作品を創ります。また、伊藤亜紗さんのワークショップでは自分の好きな触感を別の方法で再現したり、「ふれる」と「さわる」をテーマに触覚面の人間関係について考えます。講師2名はそれぞれワークショップに参加しながら、コメントや質疑応答を行います。ワークショップ終了後には、会場からの質問を交えながらオンライン・トークを行います。
◆講師:渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所 人間情報研究部 上席特別研究員) 
人間の触知覚メカニズム,感覚を表現する言葉の研究を行なう.人間の知覚特性を利用したインタフェース技術を開発,展示公開するなかで,人間の感覚と環境との関係性を理論と応用の両面から研究している.主著に『情報を生み出す触覚の知性』(毎日出版文化賞〈自然科学部門〉受賞)がある.
伊藤亜紗(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授) 
専門は美学、現代アート。2010年に東京大学東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究美学芸術学専門分野を単位取得のうえ、退学。同年、同大学にて博士号を取得(文学)。2013年に東京工業大学リベラルアーツセンター准教授に着任。2016年より現職。著書に『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社、2015年)、『目の見えないアスリートの身体論』(潮出版、2016年)などがある。 同時並行して、作品の制作にもたずさわる。
◆日時:12/12(土):ワークショップ45分×2回(含休憩10分)13:30-15:10
             トーク 15:20-16:20  ☆ライブ配信あり
◆参加費 ワークショップ&トーク 晴眼者、視覚障害者:1500円
    ワークショップ中継&トーク(ライブ配信のみ)晴眼者:1000円 、視覚障害者は無料
*有料ライブ配信については後日詳細をHP、Facebook等に掲載いたします。
◆定員(ワークショップ):晴眼者、視覚障害者10人
◆会場:アーツ千代田3331
アーツ千代田3331
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11−14
アクセス:東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分または、東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分、またはJR御徒町駅南口より徒歩7分

 お申し込み方法
1.予約
E-mailかファックスで下記1〜8についてご記入の上、お申込みください。送信後3日以上返信の無い場合、メール(ファックス)が届いていない可能性がありますので、お電話ください。定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。
1.お名前(ふりがな付き) 2ご住所 3.電話番号 4.E-mail Address(ある方のみ) 5.年齢 6.職業(具体的に) 7.障害の有無(障害のある方は、主催者が気を付けておくべきこと、伝えたいこと等をご記入ください)、8.参加されるワークショップ名(ディスカッション名)とその日程も必ずお書きくださいますようお願い致します。

<申込先> クリエイティブ・アート実行委員会
E-mail:MuseKK@aol.com  FAX.03-6426-5183
〒107-0052 東京都港区赤坂6-2-5方栄ビル201  http://www.MuseKK.co.jp
<お問合せ> TEL 03-6426-5182

定期ワークショップも随時開催しております。ご興味のある方は下記HP、Facebookページをご覧ください。
HP:http://www.MuseKK.co.jp
FB:https://www.facebook.com/artmusekk/
クリエイティブ・アート実行委員会
お問い合わせ:Email:MuseKK@aol.com  



連続講座A「明智光秀と若狭」のお知らせ 投稿者: 投稿日:2019/05/17(Fri) 16:00 No.1634   HomePage
明智光秀ゆかりの4ケ国を取り上げ、各地域で活躍する文献史研究者が登壇し、その魅力について語ります。
大河ドラマにも出てくるかもしれない各地のホットな話題をお届けします。

【時 間】 14:00〜15:30
【場 所】 福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館講堂
【講 師】 福井県立若狭歴史博物館 学芸員 徳満 悠氏


キッズミュージアム「戦国ブレスレットをつ... 投稿者:明智日向守 投稿日:2019/04/11(Thu) 02:30 No.1632   HomePage
【福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館】

2019年第1回特別公開展「明智光秀と戦国越前〜光秀、一乗に来たる〜」の関連行事です。
明智光秀の娘の細川ガラシャなど、戦国時代を生きた女性たちについて学習し、彼女たちも身に着けた数珠やロザリオのようなブレスレットを作ります。細川ガラシャイラストのぬり絵もできます。

【日 時】平成31年5月5日(日・祝)
  ■1回目 10:00〜11:00 
  ■2回目 14:00〜15:00 (全2回)

【会 場】福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館講堂

【対 象】小・中学生とその保護者
 (要事前申込・先着順・各回定員20名)

【参加費】無料

【申込方法】
 電話・FAX・メールのいずれかで、下記の内容でお申し込みくだ
 さい。
(1)参加者の氏名
(2)連絡先(電話・メールなど)

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |

NO: PASS:

- KENT & MakiMaki -
Modified by isso