1184502
Museum-net
実際に博物館や美術館、特別展を御覧になった感想や質問、特別展の紹介など自薦他薦は問いません。お気軽に書き込み下さい。
管理者の判断で記事の削除を行う場合があります。
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
メッセージ中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

オアシスに伝わる古代エジプト 投稿者:古代オリエント博物館 投稿日:2016/01/15(Fri) 10:19 No.1606   HomePage
「ナイルの賜物」と言われた古代エジプト文明は、ナイル川から遠く離れたオアシス地域にも伝わりました。本展覧会では、2001年から東京工業大学を中心として続けられた、エジプト西方砂漠ハルガ・オアシスのアル=ザヤーン神殿 遺跡とその周辺地域の調査結果を報告します。

期間  2月13日(土)〜3月27日(日)
入館料 一般600円 | 高・大500円 | 小・中生200円(通常展示と共通)
                    (小・中・高生は土曜無料です)

お問合せ 古代オリエント博物館
     03-3989-3491


公開講座「日本人と海外移住」 第11回「在... 投稿者: 投稿日:2015/11/17(Tue) 16:02 No.1603   HomePage
日本は戦前、植民地出身者(在日オールドカマー)を日本人「皇国臣民」としつつ、戦後(一九五二年)一方的に彼らの日本国籍の喪失を宣告しました。戦後70年経過した今日でも日本社会の周辺に置かれ、今や在日オールドカマーは新しい世代では四世や五世となっています。韓国・朝鮮人が外国人の最多数を占めていた時代では、日本の外国人処遇対策は在日韓国・朝鮮人処遇対策と同義で、国籍条項を盾に彼らの社会参画は排除されてきました。本講義では、民族差別にあえぎ、社会的・法的・経済的差別待遇から日本人と同等の就業機会が与えられなかった在日コリアンは、いかに生計を維持しようとしたのか。「エスニック・マイノリティ」という逆境を起業家精神へと昇華させ、果敢に事業展開を挑んで、華々しい成功をおさめた在日コリアンが現存する一方、運命や国家制度に翻弄され、困難な人生を余儀なくされた事例を紹介します。

講師:李洙任(龍谷大学教授)

開催日時:2015年12月5日(土) 13:00〜14:30

会場:JICA横浜1階・会議室1

参加方法:事前予約不要、参加費無料

問合せ先:JICA横浜 海外移住資料館 業務室
Tel. 045-663-3257


横浜・バンクーバー姉妹都市50周年記念企画... 投稿者: 投稿日:2015/11/17(Tue) 11:58 No.1602   HomePage
現在展示中の「TAIKEN体験 -日系カナダ人 未来へつなぐ道のり-」でも紹介されている、日系文化センター初代理事長のゴードン門田さんが特別講演を開催します。

講師:ゴードン門田(日系文化センター初代理事長)

開催日時:2015年11月28日(土) 14:00〜15:30

会場:JICA横浜1階・会議室1

参加方法:事前予約不要、参加費無料

問合せ先:JICA横浜 海外移住資料館 業務室
Tel. 045-663-3257


1floor2015「対岸に落し穴」アートサポータ... 投稿者: 投稿日:2015/09/23(Wed) 19:44 No.1600   HomePage
1floor2015「対岸に落し穴」展覧会運営に参加協力してくださるアートサポーターを募集します。アートと人を繋ぐことに興味のある方のご応募をお待ちしています。


<説明会>
第1回目:10月7日(水)14:00-15:00
第2回目:10月11日(土)17:00-18:00
会場:神戸アートビレッジセンター 1F/1room

●活動内容
当館で開催する展覧会実施にあたり、広報活動、展覧会や関連イベントの運営を中心にご協力頂きます。

例)
・展覧会会場の作品監視、展示の案内
・展覧会会期中のオープン・クローズ作業補助
・オープニングパーティーやイベント実施の補助(写真撮影、受付、カフェ手伝い等)
・チラシ・ポスターの発送作業
・広報活動(口コミ広報、チラシ・ポスター掲示等)

●募集人数 
15名 ※応募者多数の場合は応募動機などを参考に選考させて頂きます。定員に達し次第、募集を締め切ります。

●活動期間
下記の展覧会会期中でご希望の日程にて調整します。
※活動時間は (前半)11:45-15:35 または (後半)15:20-19:10 を予定しています。
※会期中以外の活動日(広報物発送日等)については随時ご相談させて頂きます。

若手芸術家・キュレーター支援企画「1floor 2015『対岸に落とし穴』」
会期:2015年10月31日(土)〜11月23日(月・祝) 12:00〜19:00
休館日:火曜日休館 ※11/3(祝・火)は開館、翌日4(水)休館
会場:神戸アートビレッジセンター (1階KAVCギャラリー・コミュニティースペース1room)
出品作家:川田知志・山城優摩
料金:入場無料
主催:神戸アートビレッジセンター[指定管理者:大阪ガスビジネスクリエイト株式会社]


●応募条件
・満18歳以上の方。(未成年の方は保護者の同意が必要です。)
・センターの活動に関心を持ち、主体的に参加する意志のある方
・パソコンメールによる連絡が可能な方
・メーリングリストへの登録が可能な方
・展覧会会期中、週2回以上活動できる方
・事前の説明会に参加可能な方
※応募条件にご賛同いただけない場合、ご参加をお断りする可能性がございます。

●待遇
・交通費実費支給(上限あり/片道600円まで)
・KAVC倶楽部への加入(既に会員の方にはスタンプ一カ所押印します)
・ボランティア保険加入(経費はセンターが負担します)
・当館発行書籍、展覧会招待券のプレゼント

●応募方法
件名に「アートサポーター希望」と明記し、下記1から9をご記入の上、art@kavc.or.jpまでメールでお申し込み下さい。
※応募者多数の場合は応募動機などを参考に選考させて頂きます。(頂いた個人情報は、選考に関する目的以外に使用しません)

1:氏名(ふりがな)
2:電話番号
3:住所
4:メールアドレス
5:年齢
6:所属・ご職業
7:ボランティア経験の有無とその内容
8:説明会参加可能日
9:応募動機(200文字程度)

●応募期限
2015年10月11日(土)まで ※募集人数に満たない場合は、募集期限を延長する場合があります。

●問合せ先
神戸アートビレッジセンター (担当:林・岡村)
652-0811 神戸市兵庫区新開地5-3-14 
E-mail:art@kavc.or.jp
TEL:078-512-5500 FAX:078-512-5356


〈KAVC倶楽部のひとつぼワークショップ〉=... 投稿者: 投稿日:2015/07/18(Sat) 15:26 No.1597  
写真や絵などがプリントされた厚紙を自由に切り貼りして、自分の心の中に住んでいる「精霊」をお面として作ります。精霊の名前・性格などもいっしょに考えてみましょう。制作の最後には、出来上がったお面をかぶって自身が精霊となり、新開地の街に繰り出します。街中に溶け込む精霊写真を撮り、みんなで記念撮影をしてワークショップを終了します。アーティストの小澄源太さんによるワークショップです。


日時:2015年8月1日(土)13:30〜16:30
講師:小澄源太 (アーティスト)
会場:神戸アートビレッジセンター1F・1room
料金:1000円
※KAVC倶楽部会員向けに開催しているワークショップです。会員でない方は、当日ご入会が必要です。(入会費別途1000円)
※お子様のみのご参加の場合、未就学児は保護者の方の付き添いをお願いします。また、KAVC倶楽部は保護者の方がご入会下さい。
定員:10名(受付中)



講師プロフィール
小澄源太 (アーティスト)
1974年生まれ。独学で絵を描き続け1999年に初個展を開催すると同時にEGO-WRAPPIN’のCDジャケットビジュアルを手掛けて活動開始となる。表現の範囲は絵が中心ではあるが写真や、テキスタイルを使った精霊のお面制作など多岐に渡り、即効性のあるライブペイントにも定評がある。2013年からはプロダクトブランド「yes!yes!非非」の監修を務める。


【申込み・お問い合せ】
電話申込→078-512-5500(神戸アートビレッジセンター)
web申込→http://www.kavc.or.jp/ticket/now/299/
※3日以内に返信がない場合は、もう一度送信して下さい。



★ワークショップ詳細は神戸アートビレッジセンターHPをご覧下さい
http://kavc.or.jp/club/pg217.html



〈KAVC倶楽部のひとつぼワークショップ〉=... 投稿者:神戸アートビレッジセンター 投稿日:2015/07/18(Sat) 12:25 No.1596  
写真や絵などがプリントされた厚紙を自由に切り貼りして、自分の心の中に住んでいる「精霊」をお面として作ります。精霊の名前・性格などもいっしょに考えてみましょう。制作の最後には、出来上がったお面をかぶって自身が精霊となり、新開地の街に繰り出します。街中に溶け込む精霊写真を撮り、みんなで記念撮影をしてワークショップを終了します。アーティストの小澄源太さんによるワークショップです。


日時:2015年8月1日(土)13:30〜16:30
講師:小澄源太 (アーティスト)
会場:神戸アートビレッジセンター1F・1room
料金:1000円
※KAVC倶楽部会員向けに開催しているワークショップです。会員でない方は、当日ご入会が必要です。(入会費別途1000円)
※お子様のみのご参加の場合、未就学児は保護者の方の付き添いをお願いします。また、KAVC倶楽部は保護者の方がご入会下さい。
定員:10名(受付中)



講師プロフィール
小澄源太 (アーティスト)
1974年生まれ。独学で絵を描き続け1999年に初個展を開催すると同時にEGO-WRAPPIN’のCDジャケットビジュアルを手掛けて活動開始となる。表現の範囲は絵が中心ではあるが写真や、テキスタイルを使った精霊のお面制作など多岐に渡り、即効性のあるライブペイントにも定評がある。2013年からはプロダクトブランド「yes!yes!非非」の監修を務める。


【申込み・お問い合せ】
電話申込→078-512-5500(神戸アートビレッジセンター)
web申込→http://www.kavc.or.jp/ticket/now/299/
※3日以内に返信がない場合は、もう一度送信して下さい。



★ワークショップ詳細は神戸アートビレッジセンターHPをご覧下さい
http://kavc.or.jp/club/pg217.html



講演会「チキン・オブ・ザ・シー」と在米太... 投稿者: 投稿日:2015/05/08(Fri) 19:05 No.1592   HomePage

特別展示「連れもて行こら 紀州から! ―世界にひろがる和歌山移民―」に関連する講演会を開催いたします。講師は和歌山県の太地町歴史資料室学芸員の櫻井敬人氏。世界中に和歌山移民は渡航していますが、今年はカリフォルニア州ターミナル島で在米太地人会が創設されてから100周年という事もあり、特にアメリカに渡った人々に焦点を当てた講話をいただきます。貴重なお話をこの機会にぜひ!


講師:櫻井敬人(太地町歴史資料室学芸員)

開催日時:2015年5月9日(土) 14:00〜15:30

会場:JICA横浜1階・会議室1

参加方法:事前予約不要

問合せ先:JICA横浜 海外移住資料館 業務室
Tel. 045-663-3257



〈KAVC倶楽部のひとつぼワークショップ〉 ... 投稿者: 投稿日:2015/04/24(Fri) 13:41 No.1591   HomePage
コマを制してマンガを制す!

神戸アートビレッジセンターでは、イラストレーターで漫画家のタダユキヒロさんを講師に、アーティストの西武アキラさんをゲスト講師に迎え、参加者全員で1冊のオリジナルマンガを作るワークショップを開催します。
ワークショップでは、コマ枠があらかじめ印刷された用紙に、イラストや吹き出し、台詞や擬音を参加者全員でリレー方式で回して描き込んでいきます。
隣の人のパスを受けて、自分もまた次の人にパスして。講師2人も一緒に参加してどんどん回して原稿を仕上げていきます。
描き上がったコマは、みんなでディスカッションしながら切り貼りして編集。人数分印刷して製本し出来上がりです。
出来上がったマンガ本と原画は、KAVCギャラリーに1週間展示し、来館者にご覧頂きます。


日時:2015年5月23日(土)13:30〜16:30
会場:神戸アートビレッジセンター1F・1room
料金:2000円(出来上がったマンガ1冊プレゼント)
※KAVC倶楽部会員向けに開催しているワークショップです。会員でない方は、当日ご入会が必要です。(入会費別途1000円)
定員:10名(受付中)
持ち物:お気に入りの筆記用具(あれば)


【申込み・お問い合せ】
電話申込→078-512-5500(神戸アートビレッジセンター)
web申込→http://kavc.or.jp/enquete/hitotubo.html
※3日以内に返信がない場合は、もう一度送信して下さい。


【関連企画】
★タダユキヒロワークショップで作成したオリジナルマンガ本と原画を展示します。一部販売も予定。
展示期間:2015年5月24日(日)〜31日(日)11:00〜20:00※火休
会場:神戸アートビレッジセンター1F・KAVCギャラリー
入場無料


講師:タダユキヒロ(イラストレーター・漫画家)
大阪生まれ。京都精華大学卒業。イラストレーター、漫画家。国内外でイラストレーション、コミック作品を発表。05年ザ・チョイス年度賞入賞。キャラクターイラストレーションにMoshシリーズ等。趣味は散歩。大阪成蹊大学芸術学部准教授。


ゲスト講師:西武アキラ(アーティスト)
1980年愛媛県生まれ。成安造形大学卒業。絵画、アニメーション、コミック、フォントやテキスタイルのデザイン等、ジャンルを横断した活動を展開している。神戸アートアニュアル『ミルフィーユ』をはじめとしてNANZUKAやondoでの個展を国内で行い海外ではデンマークのSENKO STUDIOで個展をしている。マンガグループCHOJIN CLUBを主催。2015年にパリで行われるフェスティバル「Fête du graphisme」に、CHOJIN CLUBとして参加した。




若手芸術家・キュレーター支援企画「1floor... 投稿者: 投稿日:2015/04/24(Fri) 11:32 No.1590   HomePage
若手芸術家・キュレーター支援企画「1floor 2015」
応募締切:2015年6月1日(月)必着

神戸アートビレッジセンターでは、「若手芸術家の育成」の理念をもとに若手芸術家及び、キュレーター支援企画「1floor(ワンフロア)」を2008年より年一回開催しています。
本企画は、当館の一階に向かい合う「KAVCギャラリー」とコミュニティスペース「1room」を一つの空間(1floor)と見なし、入選者には展覧会や関連イベントの実施など、積極的に両スペースを活用して、観客と作品との出会いの場を提案していただきます。
入選者は2015年度に当センターのスタッフと共同して企画を創り上げていきます。当館の空間を研究し、その考察をふまえたプランを期待しています。初個展やオリジナルの企画展、アートプロジェクトを一緒に作りませんか? ご応募をお待ちしております。

◯開催概要
企画名:「1floor 2015」 

会期:2015年10月31日(土)〜11月23日(月・祝)

会場:神戸アートビレッジセンター1F(KAVCギャラリー、1room)

主催:神戸アートビレッジセンター(指定管理者:大阪ガスビジネスクリエイト株式会社)

◯応募・参加資格
1)2015年3月末の時点で、18歳以上30歳未満とする。(グループの場合、全員が上記の年齢の枠内であること。)

2)展覧会の制作プロセスに関心を持ち、月1〜2回のミーティング、会期中の来館など、展覧会への積極的な参加が可能であること。

3)基本的に新作の出品が可能であること。

◯募集人数
1〜3名(組)(アーティスト、キュレーター、アートプロデューサー等、展覧会の創造者/グループでの応募も可)

◯実施形態
個展もしくはグループ展を予定。
スケジュール(予定)
6月1日(月):応募締切 ※当日必着。持参の場合は22時まで。

6月上旬:審査/入選者決定、結果通知報告、出品依頼(入選者には6月中に電話にてご連絡します)

6月〜10月:ミーティング(当館にて月1〜2回を予定/テーマ、広報印刷物などの検討、決定)

10月26日(月)〜10月30日(金):展覧会搬入

10月31日(土)〜11月23日(月・祝):展覧会実施

11月24日(火):展覧会搬出

12月上旬:展覧会記録カタログ制作のためのミーティング

2016年3月:展覧会記録カタログ発行

◯サポート内容:
1)制作費補助:最高20万円(20万円を入選者で等分するため、入選者数によって変動します)

2)来館交通費補助:1万円

3)展覧会にかかる基本経費(広報印刷物制作費・作品撮影費・作品保険費・関連イベント実施費 等)
※搬入出時の作品運搬費を含みません。作品運搬の手配、費用は入選者自身の負担となります。

4)神戸アートビレッジセンタースタッフによる展示並びにキュレーション・サポート

5)広報協力(当館HP、広報誌への展覧会紹介、プレスリリース、メールニュースの送付など)

6)展覧会記録カタログの作成

◯応募方法
下記の提出資料を神戸アートビレッジセンター「1floor2015」事務局宛に送付して下さい。※応募締切:2015年6月1日(月)必着 

1)ポートフォリオ
A4ファイル1冊に以下の内容をまとめてください。

@エントリーシート

A展示プランの概要・意図・イメージなどをまとめたもの(A4用紙6枚以内。両面不可)

B過去の作品写真や活動記録など
Cその他資料(掲載記事、展評など) ※任意

2)[資料返却希望のみ]資料返却用の着払い伝票、レターパック

※展示プランの概要はイメージ段階のモノでも構いません。

※映像作品の場合は、1作品5分以内に編集したDVDを添付して下さい。ディスク表面に応募者氏名(団体名)を記載して下さい。

※推薦文は必要ありません。

※提出資料は返却いたしません。返却をご希望の場合は返却先を明記の上、着払い伝票またはレターパックを同封して下さい。

◯注意事項
・コミュニティスペース「1room」内の什器類は移動可能ですが、来館者の休憩スペースであることも考慮したプランを提出して下さい。

・作品運搬費、来館交通費補助費を上回る交通費、制作費補助額を上回る制作費は入選者自身の負担となります。展示台、仮設壁などを制作する場合も同様です。

・月1〜2回のミーティングは神戸アートビレッジセンターへの来館が必要です。

・応募いただく展示プランに関する一切の責任は応募者本人に帰属します。著作権や肖像権は、応募者本人が解決した上で応募して下さい。

・応募資料の取扱いには、万全を期しますが、輸送時、保管時を含め万一の事故に対する責任は負いかねますのでご了承下さい。
□個人情報の扱いについて
返却を希望された方以外の提出資料は選考後、廃棄します。個人情報に関しては、応募に関する問い合わせ、ポートフォリオ返却、当館からのメールリリース送付のみに利用し、その目的以外に無断で使用することはありません。

◯募集要項ダウンロード先(PDF)
http://kavc.or.jp/art/1floor/1floor.pdf


主催・問合せ・資料提出先
神戸アートビレッジセンター「1floor2015」事務局宛
TEL:078-512-5500 FAX:078-512-5356 http://kavc.or.jp
〒652-0811神戸市兵庫区新開地5-3-14 


公開講座「日本人と海外移住」 第7回「南... 投稿者: 投稿日:2015/04/23(Thu) 16:19 No.1589   HomePage
日時:2015年4月25日(土)13:00-14:30
会場:JICA横浜 4F かもめ
講師:今泉裕美子(法政大学教授)

概要:サイパン、パラオ、トラック、マーシャル、一度は耳にしたことがある島々でしょうが、「南洋群島」と結び付けてイメージされることは少ないようです。日本は南洋群島を第一次世界大戦中に占領し、第二次世界大戦での敗戦まで約30年間統治しました。南洋群島の総面積は東京都、沖縄県とほぼ同じ位で、2千あまりの島々から構成されます。ここに現地住民人口の約2倍(1943)、サイパン島では約9倍(1942)もの日本人(朝鮮・台湾・樺太籍を含む)が生活しました。戦前「沖縄の延長」と表現された南洋群島。日本が統治した目的、移民たちは何を求めて渡り、どのような社会を作り上げ、戦時、戦後はどうなったのか、そして今は…について、いくつかの島を事例にお話します。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |

NO: PASS:

- KENT & MakiMaki -
Modified by isso